2015年

8月

28日

2015 極真祭 2015.8.23-24

「2015 極真祭」が開催されました。

我々の夏は極真祭で終わります。
二日間、皆さん、本当にありがとうございました!
8月22日(土) 23日(日)、京都府立体育館において「2015 極真祭」が開催されました。
私は全日本壮年空手道選手権大会で4年ぶりに入賞することができました。
近年、対戦して勝てなかった選手がたくさん出場する、33名の過酷なトーナメントでしたが、

運よく勝たせていただけました。きっと武運の神が付いてるんですね。


しかし、弟子たちの敗退と言う大きな課題を残しました。
選手たちは、稽古を良く頑張って参戦しましたので、全て私の責任と指導力の無さです。

申し訳有りませんでした。親御さんは一生懸命やった子供たちを褒めてやってください。
勝負は時の運でもあります。松井館長の挨拶時のお言葉、「世界大会代表選手の高橋選手でも、小学2年生から空手を始めて勝てるようになったのは中学から・・・」このことも念頭に置いてくだされば幸いです。

継続は力なりです。
負けたことも全て良い経験で、とても価値のあることだと思います。経験こそが最高のメダルなんだと思います。
選手たちはみんな大会に出場させて貰ったことを感謝していると思います。私からもありがとうございました。
押忍。

中崎道場の仲間は最高ですね! 応援団もたくさん来てくださって感謝します。来年は優勝します!

長柄八幡宮教室