国際空手道連盟 極真会館 大阪なみはや支部 大阪北区分支部

極真空手 天満中崎道場はお陰様で10周年。

皆様ありがとうございます。今後とも応援とご指導宜しくお願いいたします。


国際空手道連盟について

 

 国際空手道連盟及び極真会館は、創始者大山倍達の提唱した「頭は低く、目は高く、口慎んで心広く、孝を原点として他を益する」という極真の理念を礎とし、極真空手道を通じて人格の淘治と心身の鍛練をはかり、社会貢献を遂行するものである。

さらに、極真空手道においては、人種、民族、国家、政治、思想、宗教、性別、年齢などによる偏見差別がなく、全ての人々が平等の権利を有することを旨とし、国際交流をもって、全世界の平和友好を目指す。

 

松井章奎館長 紹介 (極真会館 活動指針)

1963年1月15日、東京生まれ。大山総裁に憧れ中学時代に極真会館入門。恵まれた素質と不断の努力により、たちまち頭角を現す。17歳で全日本大会に堂々4位に入賞し、非凡さを世に知らしめた。第17回、18回全日本大会優勝。翌年の第4回世界大会をも制し大会三連覇の偉業達成。その俊敏にして華麗な組手は空手界の貴公子と呼ばれ、多くのファンを魅了した。
また世界大会優勝の前年には極真最大の荒行、百人組手を完遂し、真の武道家としての基礎を確立した。
現役選手引退後は、後進の指導にあたりつつ、大山総裁の哲学を学ぶ。大山総裁の逝去に伴い、その遺志を継ぎ、極真会館 館長に就任。現在、世界の極真会館における組織の運営と益々の極真空手の普及・発展を目指し、東奔西走の日々を送る。

● 極真空手とは

極真空手とは、故・大山倍達によって生み出された世界初の直接打撃制の空手です。
近代のスポーツ化された空手に対し、武道本来がもつ実戦対応能力の重要性を提唱。
KOで勝ち負けが決まる単純明快な勝負論を基に、
それまで主観的とされてきた勝敗を、誰にでもわかる客観的なものとしました。
「極真」の名称は
「武の道は千日を以って初心とし、万日を以って極みとする」との格言に由来しており、
“完成はないと言われる武道の真髄を極めたい”という大山の願いが込められています。

● 極真の教え

かつて大山が何度も口にしていた、
「力なき正義は無力なり。正義なき力は暴力なり」という言葉は、
現代社会に応用すれば、
「口先だけでなく、実力の裏付けを持つ行動力のある人間になれ」と解釈できます。
武道の本義は厳しい稽古を己に課し、その修練を通して確固たる人格形成をなすこと。
「頭は低く目は高く、口慎んで心広く、孝を原点として他を益す」という極真の精神は、
そういった日々の修行の中で我々が目指すべき人間としての普遍の理念です。

「極真空手」についての詳細は、極真会館のホームページよりご確認ください。

天満中崎道場は青少年の健全育成に全力を尽くしています。

150名の仲間と一緒に極真カラテを始めませんか。

天満中崎道場は、大阪市北区内で唯一の極真空手の道場として、
現在約150名の門下生が日々の稽古に励んでいます。
天満駅から徒歩圏内の恵まれた立地は学校や仕事帰りに通いやすく、継続して稽古に取り組める環境です。
また、幼年から小学生の指導には特に力を入れており、
しっかりと礼儀作法や道徳が学べる道場として、
多くの保護者様から厚い信頼をいただいております。
空手を習うのに向き不向きはありません。
あなたも極真カラテを始めてみませんか?


天満中崎道場へのアクセス

極真空手 天満中崎道場


代  表藏谷 薫
設  立:2007年 3月
住  所:
〒530-0031

大阪市北区菅栄町1-5
フェニックスビル2階

連 絡 先080-3814-3839


 


見学・体験のお申込は、お電話かお問い合わせフォームよりご連絡ください。

メールでのお問い合わせはこちら▶nakazakidojo@osakakarate.jp (藏谷師範代まで)

天満中崎道場

〒530-0031
大阪市北区菅栄町1-5 フェニックスビル2階

天満中崎道場へのアクセス

まずは見学・体験にお越しください。

お電話かお問い合わせフォームよりご連絡ください。

電話受付/お昼12時より

メールでも随時受け付けております。
nakazakidojo@osakakarate.jp

(藏谷師範代まで)

長柄八幡宮教室